読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB小説-石川ユーリオ

石川ユーリオのオンライン小説

生命師:第3話 敵国にミュタの国が乗っ取られる可能性

生命師

「このミュタを見ろ! 北に何があるか南に何があるかドッゴスわかるか?」
 アムウは周りが山に囲まれた景色を眺めながらぽつりとつぶやいた。
「アムウ様、このドッゴスめはわかりませぬ」
「俺は今、ライデン家では大うつけと呼ばれているそうじゃ」
「…………………」
 ドッゴスは返答に困りだまるしか術がなかった。
「案ずるな、そちまでもがそう思っていたとしてもわしは怒らんじぇ、その通りだし」
 アムウはドッゴスのほっとした表情を確認し、ドッゴスは相変わらず分かりやすい男だな、と感じた。アムウは兄弟からも大うつけものだと思われている節があったが、逆にアムウにとっては好都合だった。ドッゴスと毎日のように出歩こうとも、周りは遊び回っているとしか思わないのだから。

「よし、これからもっと北の方へ行ってみよう。まだあそこには行ったことがないからな」
「まだ行ったことがありませんが、何故、アムウ様は毎日のようにミュタを動き回るのでございましょう?」
「何だろうな、やることもないからじゃねぇか」
 アムウは不適に笑うもドッゴスはアムウの真意をつかめない。ただ、不思議とアムウといっしょにいるとドッゴスは根拠がないのだが、いつか大業を果たせそうな気がする。ドッゴスは動物的な感でアムウにつかえていた。

 アムウ自身も裏表のない人間を好む傾向があり、ドッゴスのことを裏表のない真っ直ぐな男と評価していた。アムウの真意は胸の内にしまってある。自分が大うつけものだと思われ、誰しも自分に期待してない時こそ自由に動き回れるのだと。東にはロミロ帝国、西はアームス教団に囲まれ、いつミュタの国が敵国に攻められるか分からない。

 自分が重要人物じゃない時こそ、このミュタという国を隅々まで知っておくことができるだろうし、知っておくべきなのだ! いずれ地形を知りつくしていることが血となり肉となる。それに、不思議な能力を持つ村がミュタの国にあるかどうかも気になるしな。アムウとドッゴスは北の方角へ馬を走らせる。一心不乱に走らせる。

 けれどもアムウの期待する答えはでなかった。風のように北へ向かう中、アムウの思考も風のように過ぎていく。不思議な能力を持つ村がこのミュタに本当にあるのだろうか。もしかしたら飲み屋で出会った町人の村の話は嘘なのかもしれない。のんびりしてたら、どっかの訳の分からん敵国にミュタの国が乗っ取られる可能性だってある。

 乱世の時代、ゆっくりとなんてしてられない。早さがよ、大事なんだぜ。

「こりゃ、先に与太郎という奴を探した方が早そうじゃ」
 アムウはつぶやいた。

生命師:第2話 生命師の村

生命師

 ミュタの国の人里離れた山奥に誰にも知られずひっそりと村人たちが暮らしていた。村人たちは畑を耕し農作物を育てていたが、収穫の時期になると畑は荒らせれ、わずかばかりの食べ物しか手にすることができなかった。収穫の時期が訪れ村人たちは今度こそはと期待していたが、太陽の光に照らされた畑は無残な形に変貌している。

 

「また、害獣にやられた」

 村人たちは荒れ果てた畑を見渡し、落胆してしゃがみこみ泣き崩れる者まで現れた。

「何故に害獣は、我らが育てた食べ物を根こそぎ食い散らかしてしまうのじゃ! これじゃあおらたちおまんま食いっぱぐれじゃ」

 アダは怒りにまかせて叫びながらも瞳にはあふれんばかりの涙をためていた。アダの身なりはボロボロで容姿は青年とも中年とも言えなくもない年齢不詳さをかもしだしていたが、髪の毛は黒色で白髪が混ざっている様子はない。

 

 瞳の奥にはこの世の全ての悲しみを体験したような年月を感じることさえできる。アダは畑に設置してあるかかしに視線を向ける。

「何のためのかかしなのじゃ……」

 それは他の村人たちに聞こえるくらいのつぶやきだった。村人たちは農作物を守るために、畑のいたるところにかかしを設置したのだが、効果があったのは一ヶ月ほどで近頃では害獣はかかしに警戒する様子もなく、かかしのすぐ隣で農作物を食い散らかす始末だった。

 

 アダは力なくヨタヨタとかかしに近づいていき、まじまじとかかしを見つめた。

「もう、これで終わりにするんじゃ」

 アダはそうつぶやくと右手をかかしの顔に触れて目をつぶり祈りはじめた。

「あわわ、まさかアダの奴、あれをやろうってんじゃねぇだろうな」

 村人の一人が恐ろしい者を見るかのようにつぶやいた。村人たちはアダが何をしようとしているのか知っていて不安の闇に包まれはじめる。

 

「あんた、それだけはやめて!」

 村人たちの山をかきわけてイムは叫んだ。イムの身なりもまたボロボロで、小奇麗にすればかわいらしい女性になるのだが、日々の生活の苦労が染みこんで年相応には見えない。

「みんな害獣のせいで苦しんでいるんじゃ。このままじゃみんなのたれ死にじゃ」

「そんなこと村のみんな思ってるよ。わたしだって害獣は憎いよ。でも、お願い、それだけはやめて……」

 イムは祈るように懇願したが、アダの決意は揺らぐことはなかった。

 

「もういいんだ。おらが例えいなくなっても、おまんだけは生きるんだぞ」

「そげな不吉なこと言わねぇでよ」

「ごめん」

 アダは小さくはにかんだが瞳には涙をためている。嬉し泣きで見せる涙でないことぐらいイムには分かっていた。イムはアダの最後の笑顔になる予感がして、この日の気温は四〇度を超しているはずなのに背筋に寒いものを感じた。

 

「うっ、うぅ」

 アダはうめき声なのか体の異変なのか定かではないが様子がおかしくなりはじめた。それはアダがかかしの顔に触れて祈っているからだとイムも村人たちも分かりきっている。イムはアダを止めるために駆け寄ろうとしたが、時すでに遅しアダの黒髪がみるみる白髪となり肌に無数のシワが刻まれていき、ついには畑に倒れこんだ。

 

「あんたぁぁぁぁぁ」

 イムは悲鳴に近い声でアダを抱き起こして泣いている。イムがアダを揺さぶろうとも頬を叩こうともアダの意識はない。畑にはアダの抜けた歯が転げ落ちていて、ミイラ化してしまった瞳はうっすらと濡れていた。アダのサヨナラのしずくだった。

「こやつ、一瞬で……」

 浦島太郎が竜宮城から戻り、乙姫からもらった玉手箱を開け、一瞬にして青年から老人になるような変わりようだった。

 

「あれを、あれをやってしまったんじゃ」

「コントロールできずに全部持っていかれてしまったんじゃ」

 村人たちは時計の針が動き出したかのように口々に騒ぎはじめたが、イムはたった今起きた出来事を理解できず、また受け止めたくもない。

 

 村人たちと反比例するかのようにイムにとっては時が止まっていた。

「わたし、あんたまでいなくなったらどうやって生きていけばいいんよ」

 泣きながらイムはアダへ問いかけるのだが、村人たちからは一人芝居のようにさえ思えた。何せ、アダの反応はまったくないのだから。イムはアダの胸に耳をあて生死を確かめるため心臓の鼓動を聞こうとしたのだが動いている様子はない。

 

 イブの脳裏にはあの頃の思い出が甦る。

 一年前に結婚し夫婦となったこと。

 ひもじい暮らしだったが毎夜アダムの腕の中で眠り、胸の鼓動を感じて幸せだったこと。

 走馬灯のように過去の出来事は流れ、現実を受け止めるのならばアダは息絶えたのだ、と認めなければならない。

 

 自発的な結果にしろ、この大地にアダは戻るだけなのだが、残されたイムはどうしようもない感情に支配され、また、この能力を持って生まれた自分らを許せない。

 

 どうして神は、この能力をわたしたちに授けたのだろう。

 わたしは神を、愛する夫を逝かせてしまったこの世の中を、呪うだろう。

 イムの感情は抑えられなくなり、それは欲望にも似た言動にならざるを得ない状況になりつつあった。

 

 この世の中すべてが憎い!

 あぁ、憎い!

「あははははは、あははははは」

 イムは空を見上げ世を恨むような表情をしていたかと思うと吹っ切れたように笑いはじめた。

 

 それはアダの死を受け入れたくないけど、受け入れなければいけない狭間に揺れているイムの姿がある。村人の誰もが、その光景に居合わせるのが辛いと感じる瞬間でもあった。

 

「おまん、それだけはやっちゃならねぇ!」

 村人の一人が物凄い形相で叫ぶもすでにイムは心ここにあらず祈りはじめていた。

 イムの手がアダの顔に当てられている。

「イムさ、村の掟破る気だ」

「何と言うことを!」

 村の掟を破りはじめているイムの姿を村人たちは目の当たりにし口々に言葉にだし驚いている。中には気を失ってしまう女性も現れた。

 

 悲鳴に近いうめき声とともにイムはみるみると老いていき、誰が見ても老婆にしか思えない姿形となる。

「この世界をう・ら・む!」

 イムはただ一言つぶやくと倒れた。それがイムのこの世に残した最後の言葉だった。

 

 それは禁断の果実を食べてしまった瞬間でもあり、これから先の悲劇への序章となることを、現時点では誰も知る由もない。

 

 何せ、村の掟は破られたのだから。

伝説の勇者なりきり部の奴ら:第26話 エピローグ

伝説の勇者なりきり部の奴ら

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥




 前略、神宮寺マモル様 お元気ですか?

 

 わたしは星川ほしかわひかるです。

 たぶん、マーくんに手紙を書くのははじめてです。

 

 あのね、マーくんはわたしのこと知ってるもんね?

 だってだってお互いに小さい頃から知り合ってるもんね。

 幼馴染だもんね。

 マーくん、今日の夕ご飯何食べるの? 

 あーぁ、お腹空いてきちゃったよ~。

 ……わたしの腹ペコ具合なんて関係ないよね。

 でもマーくんにはありがとうといいたいの。

 いつも昼食の時におかずをわたしにくれるしね。

 次回もハンバーグが希望なのだ。

 食べ物の話ばかりでわたし食いしん坊だよね。



 もしかしたら食べることが大好きなのかもしれないね。

 いや好きなんだよね。

 好き好き好き。

 食べるの大好きなの。



 わたしはお父さんとお母さんを小学3年生の頃に交通事故で亡くし、おばぁちゃんと2人暮らしになったんだけど、何かとマーくんのお母さんが、

「おかず作りすぎたのでいっしょに食べませんか?」

 と声をかけてくれて、よくマーくん家でご飯を食べるようになったよね。

 

 わたしね、今だから言うとお父さんとお母さんを交通事故で亡くして、おばぁちゃんと2人きりでご飯を食べていると寂しくて、ぽっかり穴があいたような生活をしてたんだ。

 

 いつも家族四人で食べていたのに、急にわたしとおばぁちゃん2人きりになったのが信じられなくて認めたくなくて、ある日突然、お父さんとお母さんが家に戻ってきてめでたしめでたしみたいな希望を持って暮らしていました。一生叶うことのない希望なのにね。



 マーくん、あの事故のことをおぼえていますか?



 わたしの家族が車でピクニックに行こうとした時、公園で寂しそうにしているマーくんをわたしは見つけて声をかけたよね。あの日はマーくんの誕生日だったはずなのに何で一人でいるんだろうと不思議に思ったんだ。

 

 わたしなりに心配したんだぞ。

 だってだって、わたしはマーくんに、

「わたしがマーくんのおとうさんのかわりになってあげるよ」

 と約束したから。

 

 マーくんもわたしたちの車に乗ってピクニックにいくことになったよね。

 車の中でマーくんが嬉しそうに笑いはじめる姿を見てよかったなぁと思ったの。

 だってマーくんとマーくんのお父さんが遊んでいる姿をわたしは見たことがなかったの。

 

 マーくんはどこか寂しげなところのある少年に見えたから。

 わたしは話に夢中で気づかなかったけれど、お父さんとお母さんが突然に

「「うわぁ~」」

 と大きな声で叫んだので、前を見るとトラックが突っ込んできて、わたしは瞬間的に声が出せなくなって震えてしまったけれど、とっさにマーくんがわたしの手をにぎってくれて守るように抱きしめてくれたよね。

 

 マーくんに

「わたしがマーくんのおとうさんのかわりになってあげるよ」

 と言ったのにね。わたしは震えて何もできなくてごめんね。



 マーくん? あの事故の瞬間をおぼえていますか?



 あの瞬間、わたしは見たの。

 わたしは見たの。

 マーくんからまばゆい光みたいのがでて不思議な感覚がしたの。

 そして声が聞こえたの。



 俺は死んでもいい。

 でも、ひかるちゃんだけは救いたい。

 と――



 あの声は、マーくんの声だよね?

 きっとマーくんがわたしの心の中に入ってきたんだよね?

 きっとそうだよ。

 わたしにはお見通しなんだぞ。

 

 だってマーくんの思考がわたしの頭に入ってきたのは気のせいじゃないと思うの。

 それから先の記憶はなくて、気がつくと病院のベッドにいたの。

 隣のベッドにはマーくんがいたよね。

 マーくんもわたしも全身骨折して動けない状態だったけど、マーくんはわたしに向かって

「ひかるちゃんがぶじでよかった」

 とぽつりと言うとまた意識を失った。

 

 わたしも生きていることが不思議って顔をしていたと思う。

 意識が戻って全身が痛いのを感じて、あぁ、わたし生きているんだと分かったの。

 わたしのベッドの隣にはおばぁちゃんが椅子に座っていて目に涙を浮かべていたの。

 わたしはすぐにお父さんとお母さんがどこにいるのか知りたくて

「ねぇ、おばぁちゃん。おとうさんとおかあさんは?」

 

 と聞くと、おばぁちゃんは何もいわずにただ泣いているだけだった。

「ねぇ、おとうさんとおかあさんはどこにいるの?」

 ともう一度聞くと、少し落ち着いたおばぁちゃんは声を振り絞るように

「お父さんとお母さんは天国にいってしまったよ」

 とぽつりと言ってまた泣きはじめたの。

 

「そんなの嘘だ、嘘だ~」

 わたしは何度も言ったの。

 でも、おばぁちゃんは何も言わず、ただ泣いているの。

 ただ泣いているの。

 あぁ、もう優しかったお父さんとお母さんはいないんだ、と受け止めるしかなかったの。

 

「おとうさん、おかあさん……」

 わたしは泣いて泣いて、泣きやんではまた泣いて、そんな入院生活を送りはじめたの。

 泣き虫なひかるでごめんね。

 同じ病室だったからひかるの泣き声うるさかったよね。

 夜中に思い出したように泣いてマーくん、眠れなかったよね。



 マーくん? わたしにこう言ってくれたことをおぼえていますか?



 お父さんとお母さんを亡くして元気をなくしたわたしは、口数も少なくなったよね。食事も喉が通らなくなったよね。マーくんはそんなわたしを一生懸命励まそうとしたり笑わそうとしたりしてくれたよね。

 

 お互いにずっと病室が同じで入院生活は長引いたけれど、わたしとマーくんが退院する日、マーくんはわたしにいってくれたよね

 

「今度はおれがひかるちゃんのおとうさんとおかあさんのかわりになってあげるよ」

 

 と――――

 

 わたしはマーくんのその言葉に救われたような気がしたの。

 口にだして言えなかったけれど、とても嬉しかったんだぞ。

 マーくんは、この日を境に暗くて陰のある少年から、とっても明るくて元気な少年に変っていったよね。それはいつも落ち込んで泣いてばかりいるわたしを励ますためだったんだよね?

 

 わたしに元気になってもらうためだったんだよね?

 きっとそうだよ。

 わたしにはお見通しなんだぞ。

 だってだって幼馴染だもん。

 おかげさまでわたしも少しずつ元気を取り戻すことができました。

 

 あれからわたしたちは年をとって成長していったよね。

 マーくんにしても周りの同級生にしてもどんどん大人になっていくなぁと感じるのに、わたしはこの事故があってから、ちっとも心は成長しないで昔のままだと感じるんだ。

 

 ある日ね、おばぁちゃんが仏壇に向かって泣きながら言っていたのを、こっそり目撃してしまったの。

「うちの孫娘のひかるは事故の後遺症で脳の成長が小学3年生のまま止まってしまうなんて、何て辛い仕打ちなんじゃ。おぉ、かわいそうなひかる。おぉ、かわいそうなひかるよ。うぅ、おばぁちゃんは心配じゃ。心配じゃ。あの娘を残して先に死んでいくのは心配じゃ。ひかるには幸せになってほしいのじゃ。不憫でならないのじゃ」

 

 わたしね、事故の後遺症で脳に障害があるんだって……。

 精神が小学3年生のまま止まっているみたい。

 周りがね、どんどん成長していくのに、わたしだけ時が止まったようにおいてかれるのは何故?

 そう思ってたの。ずっとそう思ってたの。



 マーくん、大人になるってどういうことですか?



 ひかるはね。ひかるはね。

 分からないの。分からないの。

 きっとひかるは一生分からないまま年をとっていくんだと思います。

 身体だけはどんどん大人になっていくのにね……。

 

 でもマーくんは、そんなわたしにいつものように接してくれるよね。

 同級生がわたしの精神が幼いとか、バカだとか、こんな問題できないとかからかってきた時、いつもマーくんはそのたんびにわたしを守ってくれた。かばってくれた。

 わたしをクラスに馴染めるようにしてくれた。

 いつもわたしのそばにいてくれた。

 

 伝説の勇者なりきり部でいつもわたしの相手をしてくれた。

 本当にマーくんはわたしのお父さんお母さんの代わりになってくれたよね。

 わたしはね、そういうマーくんの姿を知っているんだぞ。

 だって幼馴染だもんね。

 

 だってだってひかるのお父さんお母さんの代わりだもんね。

 だから本当にありがとうと言いたいの。

 ありがとね♪

 マーくん♪

 本当にありがとね♪



 ねぇマーくん、わたしたちはこれからどうなると思いますか?



 ひかるはね。

 

 ひかるはね。

 

 将来マーくんの……。

 

 きゃっ、これ以上は恥ずかしくていえないッ!

 

 追伸(P.S.)

 おばぁちゃんは無事に退院しました。

 来年のマーくんの誕生日はみんなで祝おうね。約束だよ。

 あとひかるのファーストキスの相手はポチです(笑)




♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥




 伝説の勇者なりきり部

 

 出演

 神宮寺マモル

 星野ひかる

 姫野愛(ヒメ)

 神宮寺のぼる(父親のぼる)

 神宮寺みゆ(母親みゆ)

 神様エレナ

 天使ナターシャ

 魔王ハンプティ

 担任山田

 前田君

 恋愛の何たるかを知っている女子

 元ヤンキー運転手

 ほか

 

 以上のメンバーがお送りしました。

 

 著者・石川ユーリオ